ドルフィンスイムFAQ(よくあるご質問)


御蔵島・利島に関するドルフィンスイムで、お客様から多くいただく質問をまとめました。

ドルフィンスイムの参考にしていただければ幸いです。

ドルフィンスイムのスキルについて

  • ドルフィンスイムツアーでは、イルカとどのぐらいの確率で会えるの?
     御蔵島、利島のイルカは全て野生です。その為すべてが100%という訳にはいきませんが、島に到着さえすれば非常に高い遭遇率でイルカの姿を見ることができます。何頭くらいに会えるか、どのくらいの時間泳げるかは、その時次第です。
    ※2015年秋より、利島のスイム可能範囲が限らられるようになったことと、イルカ達が移動をしていることなどから、利島の遭遇率は低くなっています。予めご了承下さい。

  • 泳げないんだけど、参加できる?
    御蔵島のドルフィンスイムツアーでは、ボートから飛び込むような感じで海に入り、背の立たない場所で泳ぎます。(場合によっては水底が全く見えない事もあります)
    その為、全く泳げないようですとご不安を感じるかもしれません。
    その場合はウェットスーツとライフジャケットを使って浮力を付けたり、
    船の上からのウォッチングに切り替えて楽しんでいただいたりなど、その方ができる範囲で楽しんでいただくことになります。
    「船の上から見るだけでも充分!」というお気持ちでご参加いただくのでしたら大丈夫ですが、「せっかくだったら泳ぎたい」「ちゃんと水中でイルカを見たい」というお気持ちが少しでもお有りでしたら、事前の練習(教室)をぜひお薦め致します。
    教室は、プールであれば1年中、海であれば夏~秋の期間で開催をしています。スノーケリングの基礎を学べる他、水中に潜るスキンダイビング、海へのエントリーの仕方なども練習できますので、より安心してドルフィンスイムを楽しんでいただく事ができます。

  • 潜れないとイルカと遊べないって聞いたんだけど・・・
    イルカにも、様々な状態の時があります。
    泳いだり潜ったりする積極的に遊ぶ人が好きな時もあれば、水面にただじっとしている人が好きな時もあります。また、イルカにもそれぞれ性格がありますので、個体によっても違います。
    また、イルカは休息していたり急いで泳いで行ってしまったりと、こちらに興味を示さず通り過ぎてしまう時も。そんな時は、スキンダイビングで頑張って潜ってみてもイルカは反応してくれません。
    もちろん上手に潜ることができればイルカと遊ぶチャンスは増えますが、きちんと落ち着いて水面を泳げさえすれば、ドルフィンスイムはお楽しみいただけます。

  • でもやっぱり、潜れるようになった方がいいんだよね?
    もちろんです!!
    イルカがどんな状態であったとしても、スキンダイビングのできる人なら潜る、待つ、を選ぶことができます。前述のようにイルカは潜って一緒に遊ぶ人が好きな事も多いので、潜ることができればそれだけ遊ぶチャンスが増えるという事になります。
    ドルフィンスイム後によく「もっと練習してくれば良かった・・・」「次はもっと練習します!」という声はとても多く聞きます。潜らなくても充分楽しんでいただけますが、可能なら、より楽しむためにぜひ練習しておきましょう!



ドルフィンスイムの装備について

 

  • ウエットスーツは、やっぱり必要?
     7月中旬~9月上旬以外は、ウエットスーツが必要になります。特に御蔵島や利島のドルフィンスイムでは船の上に乗っている時間も長いので、その間風に当たると体が冷えやすくなります。シーズナリティはあくまでも目安ですので、体感温度はその方やその日の天気によっても変わります。寒さが気になる方は、夏時期でも薄手のウエットスーツを着用していらっしゃいます。
    また、ウエットスーツを着用すると浮きやすくなるというメリットもあり、泳ぎに不安のある方も安心してドルフィンスイムを楽しめます。スイムベストよりも、より安定して浮く事が可能です。
    もちろん、クラゲや日焼けの予防にもなります。
    寒がりの方、泳ぎが心配な方は、夏時期でもウエットスーツをご利用いただくと安心です。

     
  • サーフィン用のウエットスーツは使えますか?
     サーフィン用のウエットスーツもご利用いただけますのでご安心下さい。ただし、季節によっては厚さが足りない場合もあります。ドルフィンスイム持ち物リストにてウエットスーツの厚さの目安をご確認いただくか、スタッフへお問合せ下さい。
    また、スプリングやシーガルなどで腕や脚が出ているタイプの場合は、クラゲや日焼け対策としてラッシュガードを併用いただく事をお薦めします。

  • ボディボード用のフィンを持っていますが、使えますか?
    御蔵島、利島では、やや流れのある海域で多少距離を泳ぐ事もあります。その為、ボディボード用のフィンでは短すぎて推進力が足りない場合もあります。大人の方であれば、少なくても40センチぐらい長さのあるフィンを使用することをお薦めします。
  • コンタクトをしていても構いませんか?
    ドルフィンスイムでは海を泳ぎますので、まれにコンタクトが流れてしまったりすることもあります。また、海水が付着することも予想されますので、汚れや変質などの可能性もあります。
    基本的には度入り
    マスクのご利用をお薦めしていますが、やむを得ずコンタクトをご利用の場合も、使い捨てのタイプ以外はご遠慮下さい。

 

島までの交通手段(東海汽船)について

  • ちゃんと眠れるか心配です・・・
    出発日は、ドルフィンスイムに備えてしっかり休みたいもの。船旅に不慣れな方には、2等席よりもプライバシーが確保できる上級席もご案内が可能です。3,500円~ご用意できますので、ご希望の方はお知らせ下さい。(ただし席には限りがありますので、空きの無い場合はご容赦下さい)
  • 船の中にコンセントはありますか?
    その時利用する船によっても異なりますが、御蔵島ツアーでメインで利用している船には、4名ごとに1個ずつのコンセントが用意されています。利島の場合にはコンセントがありませんが、案内所に充電用のコンセントが用意されています。数に限りがありますので、どうぞ譲り合ってご利用下さい。心配な方は、モバイルバッテリーや分岐できるコンセントタップをお持ち下さい。
  • 酔い止めって飲んだ方がいいですか?
    船によってしまうと、楽しいはずのツアーが台無しになってしまいます。翌日のドルフィンスイムに備えて、念の為にぜひ飲んでおくことをお薦めします。

  • 御蔵島には、到着するのが難しいって聞いたんだけど・・・
    御蔵島には、港が1つしかありません。その為海況によって港を選ぶという事が難しく、船の着岸率が他の島と比較すると低くなります。
    2014年から橘丸が就航して以来、着岸率は大幅に改善されていますが、自然相手ですので100%のお約束はできません。天候や海況により、スケジュールが変更になる事もございます。日程には、どうぞ余裕を持ってお越し下さい。
    なお、催行されない部分があった場合には、その分のご返金をさせていただいております。

 

 


お部屋タイプの指定について


  • お部屋のタイプにはどんなものがありますか?
    御蔵島で御蔵荘(ホテル形式)泊の場合、和室または洋室(ベッドルーム)になります。バストイレ付、バストイレ無しのお部屋がございますので、気になる方はその都度お問合せ下さい。
    御蔵島の民宿、利島のすべての宿は、2~4名程度の和室、バストイレは別となっています。
  • お部屋は家族(友達)で1部屋になりますか?
    基本的に部屋割りは男女別の相部屋、1部屋を2~6名程度でご利用いただきます。
    その為、同性の方であれば一緒のお部屋割りになりますが、異性の方とご参加の場合はお部屋が分かれる場合もございます。ご夫婦でのご参加であってもお部屋が別になる可能性もありますので、恐縮ではございますが予めご了承下さい。
    部屋割りの確約をご希望の方は、空室があれば有料にてご指定もお受けしています。
    なお、ツアー開催の3か月以上前であれば、お部屋タイプをご指定いただく事ができる可能性が高くなります。また、期間を過ぎた場合でも日程によっては少人数でのお部屋を別途確保していることもありますので、まずはご相談下さい。
  • 1人部屋は手配できますか?
    1人部屋が手配できる場合もございますので、予めご了承下さい。ただし連休中や夏期期間については、1人部屋をご遠慮いただく場合もございます。恐縮ではございますが、予めご了承下さい。

 

私達は、みなさまに安心してドルフィンスイムを楽しんでいただけるよう心がけています。ツアーの疑問について事前にできる限りお答えするのも、その1つだと考えます。御蔵島・利島のドルフィンスイムについてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


お問合せ・お申込み


御蔵島と利島のドルフィンスイムツアーについて、ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。

お申し込みの方は、下記についてもお知らせ下さい。
・参加ご希望の日程
・お名前フルネーム
・ご年齢
・ご住所
・当日連絡のつく電話番号

・スノーケリングやドルフィンスイム経験の有無
(ご経験の無い方もサポートしますのでご安心下さい)
・器材レンタルの有無
(必要な方は、身長・体重または服の号数・足のサイズをご連絡下さい)

 

メモ: * は入力必須項目です