利島ドルフィンスイムツアー


利島ドルフィンスイム:利島の海とカメ
カメにも頻繁に出逢える利島
利島ドルフィンスイム:イルカとドルフィンスイマー
イルカと間近で遊ぶことができる

野生のイルカとドルフィンスイム

御蔵島だけでなく、ここ利島にも野生のイルカが棲んでいて、一緒にドルフィンスイムをすることができます。

 

利島のドルフィンスイムではイルカとスイマーの写真を撮影
利島でイルカと遊ぶドルフィンスイマー

利島と御蔵島の違い


利島ドルフィンスイム中泳ぐイルカ

①イルカの頭数
御蔵島のイルカは約100頭以上。利島のイルカは20頭前後。棲んでいるイルカの数は異なります。
利島のイルカは、利島と近くの無人とを行ったり来たりしていますので、遭遇率は低くなります。ただし、無事会えれば遊んでくれる確率も高い傾向にあります。


利島ドルフィンスイムツアー中のイルカの群れ

②ドルフィンスイム船

利島の船はエントリーエキジットが比較的しやすく、ビギナーの方にも泳ぎやすい傾向にあります。とはいえもちろん大自然の中で泳ぎますので、背の立たない所でのスノーケルスキルは必要です。


利島ドルフィンスイムツアー中,利島内の散策の様子

③島の規模
御蔵島も利島も人口は約300人ですが、利島の方が商店などの規模が小さく、食堂はありません。また、山ガイドツアーも基本的に開催がありません。島内観光や山登りなどをご希望の方には、御蔵島の方がバリエーションは比較的あります。


 

※その他、ドルフィンスイムの時間が御蔵島は2時間、利島は1.5時間(利島の方が移動時間が少ない傾向にあるので、実際にそう短くは感じません)、宿泊場所は民宿のみ、竹芝~島間の東海汽船の種類が異なる、などの違いがあります。

 

【利島のイルカについて】

利島のイルカは広範囲を移動することがありますので、日によってはイルカに会えない場合もあります。

利島はカメとの遭遇率も高く、フィッシュウォッチングも楽しめますので、イルカがいない場合は通常のスキンダイビングツアーにてお楽しみください。また、ご希望によりスキンダイビングの基礎〜応用レッスンも開催致します。

 

ドルフィンスイムスケジュール(御蔵島・利島)


 

御蔵島・利島ドルフィンスイムツアーは、事前にスクールやツアーにご参加の方、ご紹介の方、またはスタッフが直接お会いしてスキルやご経験があると確認できた方のみのご参加に限定させていただくことになりました。初めて当店のツアーにご参加の方は、スクールも合わせてお申し込みいただくことでドルフィンスイム ツアーにもお申し込みが可能です。以前からツアーにご参加くださっている方はぜひ、引き続きのご参加をお待ちしています。

日程及び料金はこちら

 

イルカの棲む自然豊かな利島の海
自然豊かな利島の海
利島のイルカの群れとドルフィンスイマー
イルカの群れに囲まれるスイマー

群れで泳ぐ利島のイルカ達
群れで泳ぐ利島のイルカ達
利島の民宿の夕食
島の海の幸を使った夕食の一例

 

※水中に潜るスキンダイビングができ上手に泳げる・潜れるようになると、さらにドルフィンスイムを楽しむことができます。水中で上手に泳ぐ事ができると、イルカが興味を持ってくれる可能性も高くなります。ぜひ事前に練習して、より安全に、より楽しいドルフィンスイムを目指しましょう!

初めてご参加の方へ


【ドルフィンスイムの参加条件

ツアー参加条件
・健康な方であればどなたでも

ドルフィンスイム参加条件
・小学生以上の方(ご年齢に関わらず、健康チェックリストもご確認下さい)
・小学生以上でも泳ぎに不安のあるお子様はウォッチングのみでのご参加です。また、スイムの際は保護者の方の監督の下でご参加下さい。

 

ドルフィンスイムのスキルについて

利島のドルフィンスイムでは、スノーケルセットを使って大海原を泳ぎます。

イルカが泳いできたらスムースにボートから海へ入り、大海原でフィンを使って泳ぐスキルが必要です。スタッフが皆様のお手伝いをさせていただきますが、実際に泳ぐのは皆様ご自身です。スノーケリングの基本スキルを身につけた上で、ご自身の安全の範囲内で泳いでいただきますよう、ご協力をお願い致します。

 

ドルフィンスイムに必要なスノーケリング
スノーケリング教室・ツアー
ドルフィンスイムの為に必要なスキンダイビングスクール
スキンダイビング教室
ドルフィンスイムツアーの前の練習
ドルフィンスイム練習会
ドルフィンスイムのステップアップスクール
ステップアップコース