サンゴにやさしい日焼け止めの選び方


海に行くとき、ちょっぴり気になるのが日焼け。
日焼け止めを活用して日焼けをぜひ予防したいところですが、肌に塗ったものは多少なりとも海に流れてしまいます。
でも、その日焼け止めの成分が「サンゴに良くない影響を与えている」としたら?

生き物の口に入っているとしたら?
サンゴに優しい日焼け止めは、海の生き物にも、そして人にも優しい日焼け止め。

これからも素晴らしい海を楽しむために、サンゴに優しい日焼け止めを選びましょう!

 

日焼け止めの何がいけないの?


 

日焼け止めはサンゴに良くないの?

日焼け止めの中でも特に「紫外線吸収剤」として使われているオキシベンゾン、オクチノキサートは、サンゴが死滅する原因ということが調査で分かってきました。現在、ハワイやパラオなどの国ではすでに使用が禁止されています。

なお、酸化チタン、酸化亜鉛などによる「紫外線散乱剤」は、使用しても問題ないとされています。

 

使う量は少しなのに、そんなにたくさんの日焼け止めが流れているの?

調査によると、年に14,000トンもの日焼け止めが、流れて海に侵入していると言われています。

 

影響があるのはサンゴだけなの?

日焼け止めの成分は肌から溶けて海に流れ、生き物の口の中に入ってしまいます。

溶け出した成分はイルカや魚たちなど海の生き物の口にだけでなく、私たちが海の恵みとしていただく魚介類にも入ってしまう可能性があります。サンゴにやさしい日焼け止めを選ぶことは、私たちの体にとっても良いことと言えそうです。

  


 

海の生き物の4分の1はサンゴを棲み家にしており、サンゴが絶滅すると海洋生物の過半数がいなくなるとも言われています。

ぜひ海やサンゴに優しい日焼け止めを使って、海への影響を少しでも少なくしていきましょう!

 

 

 

サンゴに優しい日焼け止めの選び方



サンゴに良くない影響を与えるとしてハワイやパラオで禁止されている成分は、以下の通りです。

 

ハワイ:オキシベンゾン、オクチノキサート

パラオ:オキシベンゾン、オクチノキサート、オクトクリレン、エンザカメン、トリクロサン、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、ベンジルパラベン、フェノキシエタノール

※オクチノキサートは、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルと表記されていることがあります。

裏の成分表を見れば良いのですが、それもなかなか大変・・・!
なので下記の表示を目安にしましょう。

・ノンケミカル

・紫外線吸収剤不使用

・Reef Safe

・Eco Friendly

時々、このような表示があっても上記の成分が入ってしまっていることもありますので、最終的には自分の目で確かめるのが一番!
ですが、この後でご紹介するおすすめ商品もぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

日焼け止めを塗るときのポイント


 

①サンゴに優しい日焼け止めは、少しでも水分が付いていると白浮きが目立ちます。乾いた手で、乾いた肌に塗りましょう。

 

②肌になじむまで15分くらい置くと、肌になじみ、水にも落ちにくくなります。少し余裕を持って塗ることをお勧めします。

③温まると伸びが良くなります。塗りにくい場合は、手で温めてから塗りましょう。

 

◆サンゴに優しい日焼け止めには、通常ナノ粒子が入っていません。そのためサンゴにやさしい日焼け止めの多くは肌なじみの点でやや劣るのですが、サンゴに優しいものを使っていると考え、堂々と塗りましょう!(実際に塗布した状態の写真は下で確認できます)

 

 

 

サンゴにやさしい日焼け止め・おすすめ5選


 

サンゴにやさしい日焼け止めのうち、おすすめの5点をご紹介します。(スタッフの個人的な感想が含まれていますので、使用感には個人差があります)
ウォータープルーフ処方の中から、パラオで禁止とされている10種類の成分を全て含んでいないもの、海洋プラスチックゴミ問題を考慮し、なるべくプラ容器を使用していないものを探してみました。

 

 

①コーラリリー サンゴに優しい日焼け止め バームタイプ

 容量:40g SPF:50+ 色:クリーム

肌なじみ度 ★★★

水への強さ ★★★★

エコ度合い ★★★★

 

コンセプトも成分もシンプルで分かりやすく、安心な日焼け止め。リニューアルしてから断然使いやすく、白浮きも改善しています。やや小ぶりの缶(直径5.5cmくらい)で、携帯にも便利。お試しサイズもあります。

購入ページへ

 

 


②Little Hands Hawaii ミネラルサンスクリーン・ティント

容量:113g SPF:35+ 色:ホワイト・ティント

 

肌なじみ度 ★★★(ホワイト)・★★★★★(ティント)

水への強さ ★★★★

エコ度合い ★★★★

 

白浮きがどうしても気になる方におすすめしたいのが、ティントカラー。白浮きが目立たずなじみます。(周囲につかないようご注意ください)容量が多めで、たくさん使う方にはコスパも良い日焼け止め。

 購入ページへ(外部サイト:Amazon)

 

 


③All Good サンスクリーンバター

容量:28g SPF:50+ 色:ホワイト・ティント

 

肌なじみ度 ★★★(ホワイト)・★★★★★(ティント)

水への強さ ★★★★

エコ度合い ★★★★

 

コーラリリーのサンゴに優しい日焼け止めと似たテクスチャー。白浮きが気になりにくいティントカラーもあります。

 購入ページへ(外部サイト:Amazon)

 

 



④MANDA オーガニックサンペースト

 

容量:40g SPF:50 色:ベージュ系

 

肌なじみ度 ★★★

水への強さ ★★★

エコ度合い ★★★★★

 

ナチュラルな木製ケースに入った、こだわりの日焼け止め。うっすらと色がついていて、ナチュラルな甘い香り。細かい粒が少し肌に残るので好みは分かれるかもしれませんが、海への優しさは一番と言えそう。

購入ページへ(外部サイト)

 

 


⑤ジェリーズガード 日焼け止めクリーム

容量:50ml SPF:50+ 色:ホワイト系

 

肌なじみ度 ★★

水への強さ ★★★★★

エコ度合い ★★★

 

クラゲに刺されにくくなる効果を兼ね備えた、画期的な日焼け止め。プラスチック容器に入っているのは惜しいけれど、中身はもちろん紫外線吸収剤・パラベン不使用。日焼け予防効果も高く、水にも強い印象。クラゲが心配な方には一押しです。

購入ページへ

 

 

 

 


サンゴにやさしい日焼け止めを塗った感想


 

① 4種類の日焼け止めを塗布し、さっと伸ばしただけの状態

② ①から5分ほど置き、丁寧に伸ばした状態


「水のように軽い」などと謳っているような日焼け止めと比較すると、ナノ粒子を使用していないサンゴに優しい日焼け止めは少し白っぽくなりがち。(①)

でも、少し置いてから丁寧に伸ばすと肌になじみます。(②)

 

ジェリーズガードはやや白浮き気味、それ以外は丁寧に塗ればうっすらと白さが分かる程度。ティントタイプは塗ったのが分からないくらいに自然ですので、どうしても白浮きが気になる方に良さそうです。

実際に顔に塗る際、髪に付着したり肌のくぼみに溜まると白くなりやすいのでご注意ください。

 

※スタッフの感想ですので、感じ方には個人差があるとお考えください。

 


 

③ 塗布後20分程度してから水を数分流した後の状態
どの日焼け止めも水を弾き、ウォータープルーフ効果があるようです。


 

海のために、生き物のために、そして自分のためにも、サンゴに優しい日焼け止めを選びましょう!